閲文

閲文集団はどのような会社?

テンセント傘下の電子書籍専門サイトを運営する「閲文集団」はIPO目論見書を更新した11月にも上場する見込みで、応募倍率400倍を超えた「衆安保険」の前例があって、テンセントは自社株主に、閲文集団の優先予約権を付与すると発表した。

「課金ユーザー数は昨年比68%増の1150万人、売上高は92%増だった」と目論見書でこのように触れている。

「IP(知的財産)に報酬を支払うことが当たり前になってきた」。「創意工夫に支払い、知財に支払う」ことが浸透してきた中国。そのような背景で誕生したのは閲文集団。

どのような会社で、電子書籍というビジネスモデルは成り立つかどうか、なぜネット保険の衆安保険と準えられるのか、その謎を解いてみた。

******      ******        ******

このコラムは有料でご利用いただいています。ご利用方法は上記「中国企業情報」サブタイトルの「中国企業情報」(有料情報)をクリックしてご参照頂けます。

 

 

中国企業情報の最新記事