IGG投資家担当マネジャーPeggy Maと記念写真

IGGは何故急騰したのか

モバイルゲーム大手のIGG(0799)。中国株大相場の2015年4月の株価は7.2HKDだった。

その将来性を見据えて、今年2017年2月14日、香港で同社を訪ねた。ビジネス街セントラルの更に中心に位置する「長江中心」の19階にお越しくださいと指示されたので、世界一、二位を争う賃料の高い香港でこんな高いところでオフィスを構えるなどずいぶんリッチな会社だなと思いながら向かったところ、「Compass Offices」というところで、会議室に案内された。

しばらくして、投資家担当マネージャーのMs.Peggyが現れ、「プレゼンテーションや投資家説明会、発表会の時だけこの場所を借りてます」と説明されて「なるほどかなり堅実な会社だな」と一行は安堵した。

訪問当日(2月14日)のIGGの株価は前日の上昇の流れを受け、5.98HKDで引きていた。それが4月3日には10.81HKDまで、一ヶ月半で倍近く急騰したのだ。

何が原因で急騰し、今後さらに上昇する要素はあるのか、「中国企業情報」で2回に分けて同社を取り上げた。「個別銘柄」として関心のある方はご利用ください。

*写真はIGG投資家担当マネージャーのPeggy Maさん

 

購入方法は「中国企業情報&個別銘柄(有料情報)」をご参照ください。

 

 

中国企業情報 | 個別銘柄情報(有料)の最新記事