「徐さんの中国株」有料化にご理解を

「徐さんの中国株」コラムは今日でちょうど1000回目を迎えます。気軽に始めたブログですが、邱永漢先生の事務所から独立して月曜日から金曜日まで書くようになってから読者も急増し、企業の決算情報から、中国株の歴史と現状、香港市場の特徴、経済や証券市場に関する政策など多岐にわたって書くようになったら、マスコミからの取材依頼や読者とのコミュニケーションも日増しに増え、今までにない遣り甲斐を感じながら、発信の喜びを味わう毎日となっています。特段広告を出して宣伝したわけでもありませんが、それまでの中国株情報とは一味違う情報ソースがあったからなのではと自分なりに理解しております。

1000回目を迎えるにあたり、来る4月から公式サイトの「徐さんの中国株」を有料化しようと考えるように至りました。

有料化を考える理由は次の通りです。

1.「徐さんの中国株」と呼ぶ以上は、その中国株から利益(儲け)を出してもらいたい。
いままで訪問した企業は100社も超えるが、宝の持ち腐れにならないためにも発信していく。

2.日本では、金儲けについて潜在的意識として「卑しい」と思われ、人前で堂々と話すべきではない風潮がいまだに根強く、「株」というタイトルのブログも下品や欺瞞の部類に取り扱われる傾向にある。

3.「株」を取り扱っている以上、どことなく「監視の目」が張り巡らされている。

以上の理由で、コラムを非公開にし、ご縁の方に当社ならではのリアルタイムの情報を存分に活用してもらい、利益を出してほしいと願う次第です。

いままでのアメブロ「徐さんの中国株」はどう取り扱うかと言いますと、すでにタイトルを変更しておりますが、「徐さんの中国通信」として経済のみならず、社会や文化、若者の流行など視野を広げて週一回程度取り上げるブログとして4月から再スタートします。

京華創業の公式サイトを昨年から全面リニュアルし、今年1月1日からスタートしました。今までの「徐さんの中国株」の内容を公式サイトに移そうと、編集担当に指示したところ、アメブロの内容を一括で公式サイトに移すのは簡単だが、SEO対策の検索エンジンでは、公式サイトがアメブロの内容を「盗作」したと認識されかねないので、一日にせいぜい3本程度移した方がいいとアドバイスされました。999本も移すのに、約1年間はかかるのですが、致し方ないとして毎日2,3本程度移すように実行しています。レイアウトの関係もあって公開された記事を読み返しながら公式サイトに移していますが、香港市場を理解するのに、これだけのボリュームをよく書いたものだと自画自賛したものです。

有料化に伴い、スタッフからは他所の例を参考にして「お試し購読期間」を設けたらと勧められましたが、いままで999回も公開していますし、4月から非公開にしますので、それまでの期間もすべてお試し期間なのでわざわざお試しを設ける必要はないと言うのが私の考えです。

いままで有料情報として「中国企業情報」を発信していますが、企業情報を読む時間はないので、銘柄だけ教えてくれという投資家も散見されます。その方には中国企業情報の「個別銘柄情報」を引き続き発信して参りますので、ご利用いただけます。

有料化に伴い、IDとパスワードの発行も必要となります。3月からお申し込みの方に順次発行して参ります。引き続きご愛顧のほど宜しくお願いします。

 

 

徐さんの中国株の最新記事