バフェットはなぜBYDに投資したのか

オマハの賢人ことウォーレン・バフェット氏が6日、毎年恒例の「バークシャー・ハサウェイ」の年次株主総会で、中国投資について聞かれた際、「我々は中国でもチャンスを狙っている。50億ドル(を超えるターゲット)なら割と面白い」と、中国投資の原則の一つに時価総額に拘っていることを示唆しました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

徐さんの中国株の最新記事