雄安新区は今年の最大のテーマに

清明節のお休みを経て中国内陸と香港のマーケットは再開されました。お休み中にも関わらず、経済紙や専門サイトは「雄安新区」一色です。それもそのはず、国営の新華社通信は「雄安新区」の設立を「千年の計」と位置付けているとしたら、投資家はこれを「千歳一隅」のチャンスと捉えても何ら不思議ではありません。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

徐さんの中国株の最新記事