マッキンゼー持続可能な発展報告 深センが1位

マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は14日、中国に関する持続可能な発展報告(USI2016)を発表し、総合順位上位10都市を明らかにした。

10都市は以下の通り。

深セン、杭州、舟山、珠海、寧波、広州、威海、湖州、中山、紹興です。

なお、2011年の順位比で、アモイ、北京、大連、福州、長沙、煙台が上位10位から転落した。

USI2016は中国185の都市について9年間にわたって23の指標を集計して上位10位の都市を選出した。(第一財経)

 

 

中国経済News & topicsの最新記事