ステータスの裏に隠された受益者

 「新エネルギー車(NEV)はステータスになった」。相次ぐNEVへの異業種からの参入に、世間ではこのような見方が急速に広がっています。もちろん個人に対してではなく、新規参入企業に対する見方です。 なぜなら、NEVへの参入を表明しなければ、「お金(資金力)がない、実力がない、ドリーム(夢)がない」という「三無公司(会社)」と見られるのが嫌だからだというわけです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

変化はチャンス NEV元年

 2年に1度の上海国際モーターショー(4月19日~28日)は、10日間の開催日程を終え本日で幕を下ろしました。2019年の東京モーターショー(2021年の開催は中止と発表された)を取材したことがあるが、出展企業数は150社程度と記憶しているが、主催者発表で企業・団体合計186社だと公式サイトに記事が残されています。コロナ禍で世界初となるリアル開催の上海モーターショーの出展企業は1千社を超え、モータリゼーションは完全に中国に移ったなと感慨深いところです。上海モーターショーの今年のテーマは「Embracing Change(変化を受け入れよう)」!その変化とは

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

インシュアテックのトップ企業 衆安保険

 衆安在線財産保険(以下「衆安保険」という)はFinTech、金融(Finance)×技術(Technology)という造語のように、保険(Insurance)×技術(Technology)を掛け合わせた造語で、「保険分野における FinTech」企業に分類されています。リアル店舗を持たず、ビッグデータやブロックチェーンなどを生かしたオンライン専業の保険会社で、医療や財産保険のほか、スマホの画面(パネル)割れや通販商品の破損、ペットの病気など生活の様々なシーンに合わせた保険も対象とされるところに特徴があると言えます。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ