徐さんの中国株

サービスは断り切れない サービスで勝負の海底撈

 日本は10連休に突入しました。海外旅行に行かれる方も多いことでしょう。海外旅行の楽しみの一つはその地の特色料理を楽しむことです。中国旅行の際は火鍋の「海底撈」に立ち寄ってみてください。


        火鍋の海底撈(6862)の株価チャート(「AASTOCKS」より)です。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

株価も勢いづく海底撈

 投資視察団の全行程でお食事も参加者の皆様の楽しみの一つです。今回も中華料理の他、マカオではフェルナンド(RESTAURANTE FERNANDO)というお店まで案内し、ポルトガル料理を堪能してもらいました。予約は受けず、決済は現金だという超がつく「強気」のお店で、地元の知人に先にお店に行ってもらって人数分のお席を陣取ってもらってはじめて待たされずに美味しいポルトガル料理とワインを舌鼓できました。
 しかし、時には視察を兼ねたお食事をする場合もあります。火鍋チェーンの海底撈(6862)がその内の一つです。初めて同社を取り上げたのは昨年の10月、上場後間もなく株価も17HKD台でしたが、先週同社株価は32HKDと上場後半年で約倍にまで迫ったのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

ビッグベイエリアはけん引役に マカオにスタートアップ企業

 マカオと言えば、カジノ!私自身そのようなイメージを持っていたのですが、しかし今回の訪問でそのような認識を一変させてくれたイノベーションの企業と出会ったのです。
 スタートアップ企業と言えば、深圳を思い浮かぶのでしょうが、そのような企業はマカオにもあったのです。
 現在はナスダック上場で、EDA及びコネクティビティ半導体の知的財産で世界ランキング一位のシノプシス(Synopsys, Inc.、NASDAQ: SNPS)に買収されてシノプシスマカオになっていますが、前身は2003年に創業したChipidea微電子(チップイデア・マイクロエレクトロニクス)で、スマホやハイビジョンデジタルテレビ、デジタルカメラ、マルチメディアプレイヤーなどほとんどのデジタル製品に、同社設計したIPが使われていると伺ったので同社訪問を決定したのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

次なる深圳を目指す珠海・横琴新区

 第25回京華投資視察団が3泊4日の日程を終え、20日に帰国しました。訪問や視察の予定をすべて終了し、昨年10月に開通したばかりの世界最長の香港・珠海・澳門海上大橋(全長55キロ)を通っていざ香港空港に到着したら上空は薄黒い雲に覆われ、暴風雨が空港機能を瞬時に麻痺させてしまい、ディレーで待つこと約3時間、飛び立ったのは20時で羽田空港到着は深夜1時30分と、視察の最後にアクシデントがついてきたのです。「視察よりもアクシデントの方が旅の思い出になる」と視察団の語り草に参加者の皆様も一笑に付したのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

 視察の旅に スタートアップ企業も

 第25回京華投資視察団は本日出発しました。今回は香港経由、深圳、珠海、マカオの3都市を訪問し、上場企業のほか、ビッグベイエリア関連で珠海の中の特別エリア、横琴新区の自由貿易区も訪ね、さらにマカオでスタートアップ企業を訪問し、ビッグベイエリアイニシアティブと投資のチャンスをキャッチしたいというのが目的です。マカオと言えばカジノ!もう言わずと知れたことですが、この「常識」を覆すかもしれないイノベーション企業がマカオにあるんです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

漢方の権威であると共に西洋医学も

 広州医薬集団(上場会社名は「白雲山・0874」)の来日は同社ブランドの缶飲料、「王老吉」のプロモーションと涼茶博物館の設立計画をアピールするためのものでした。「王老吉」の商標登録・使用に関して長年紛糾が起きていましたが、一昨年、裁判の結果同社に権利があることが認められたのです。ところで、広州医薬集団には、何も「王老吉」だけではありません。漢方をはじめ西洋医学、ヘルスケア,健康など医学全般を網羅する薬品を生産、製造しています。バイアグラの中国版、中国初のライセンス取得済みジェネリック薬品の「金戈(ジンゲェ)」は同社産なのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

実力がモノを言う

 ニューエコノミーの株が持てはやされています。このコラムで取り上げた微盟 (ウェイモブ・2013)が本日も前場で6%以上上昇し、2.8HKDだったIPO株価が3カ月未満で倍になったのです。しかし従来業種の株価も一概に元気がないと言えばそうでもありません。漢方薬老舗の「白雲山」(0874)が元気バリバリです。同社董事長の李楚源氏は今週(9日)来日し、同社傘下ハーブティーの「王老吉」のプロモーションと東京で涼茶博物館の開設計画を発表したのです。2013年6月、広州で同社を訪問して以来、約6年ぶりの顔合わせのチャンスですので、発表会の会場にプレスの一員として顔を出してきました。出かける前に本決算の結果を見てみたら、それこそ驚いたものです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

安さも理由の一つ 11HKDの株価が21HKDに

 会社を訪問し、そしてこのコラムで訪問の様子を取り上げてからはしばらく見ないようにしています。そのしばらくの間も実に株価が大きく動き出すことがあります。金山軟件(キングソフト・3888)はその内の1社です。昨年12月、株価が11HKDの時に同社を訪問しましたが、昨日再度チェックしたら株価はもう倍近くの21ドルになっています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

大化けした後、下落した美図 社長はこう言う

 成長する株と高配当の株、そしてハイリスク・ハイリターンの株として数社取り上げています。その内、大きく化けた後、株価が低迷していた美図(1357)。3期決算で赤字から抜け出していない美図は先月20日決算発表会を行いました。IPO目論見書で標榜していた10億を超えるユーザーのビジネスへの活用はどうなったか、同社社長は投資家の質問に答えました。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

テンセントの庇護のもとで

 昨日(4日)、都内で恒例の中国勉強会を行いました。遠路からも多くの方々にお越し頂き、ありがとうございました。深圳市場は大相場期待で、3月の新規口座開設数は前月比2倍増の299万口座に上り、取引口座数は2632万で、約1000万の休眠口座が復活したと言います。4月1日に、ブルームバーグ・バークレイズ債券指数に中国の債券が組み入れられることになり、中国国内では製造業の減税(16%から13%へ)と製造業購買担当者景気指数(PMI)が3カ月ぶりに栄枯線とされる50を上回ったことなども追い風となり、上海総合指数は3200ポイントを回復し、ハンセン指数も取引時間内に、10カ月ぶり高値の30000ポイントを記録したのです。
 さらにテンセントコンセプトとして取り上げたニューリテール(新小売)とインダストリアル・インターネット(産業のインターネット)関連の株を勉強会でもご紹介し、前日20%以上上昇した同社は昨日(4日)さらに12%上昇しています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

原点に立ち返って キャピタルゲインかインカムゲインか

 新年度がスタートし、新元号も決まりました。日経平均指数はお祝儀相場で新年度を迎え、香港ハンセン株価指数も前場の終値で前日比1.65%高と中国製造業購買担当者指数(PMI)の改善と1日から施行の企業への減税措置が相場の追い風となっています。3月31日で主要銘柄の2018年度本決算がほぼ出そろいました。お持ちの銘柄の「成績表」は如何なものでしたでしょうか。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

急ピッチの構造転換 成長余地が大きい

 テンセントの構造転換について、昨年11月のコラムで「テンセント 遅ればせながらも快進撃」などで何度か取り上げています。ゲームは主力ですが、依存しすぎてはどうかという市場の懸念を払拭するかのように、昨年9月大々的な組織再編を敢行しました。クラウドサービスとフィンテック、どれくらい利益に貢献できるのでしょうか。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

「ゲーム収益への過度依存は安定成長を損なう」

 昨年7月と10月の「中国勉強会」で、テンセントとアリババを比較しながら、両社の収益構造と目指す方向性の違いを指摘しました。ほぼ指摘の通り、テンセントの株価は10月末に251香港ドル(以下同)と年初高値(475ドル)から半分近くまで暴落したのです。その後テンセントは事業部の再編を発表し、市場ではこれを評価して株価も持ち直していました。その中での本決算と第4四半期の決算でした。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

テンセントの行方は(更新)

 外部環境が悪化しています。先週金曜日(22日)アジア市場の取引が終わった後に始まった欧州やアメリカ市場は揃って下落しました。引き金は22日に発表されたユーロ圏2大国――ドイツとフランスの3月のPMI(製造業購買担当者景気指数)で、ドイツは予想の48を下回る44.7、フランスは予想の51.5を下回る49.8でした。さらに同日、米国債10年もの利回りと3カ月もの利回りが約12年振り逆転(10年もの利回りは2.437%、3カ月もの利回りは2.459%)したことが明らかになっています。米経済の長期的見通しに対して市場では懸念を示したことになります。皆さんは備えていますか。
 中国SNS最大手のテンセント(0700)は先週、2018年第4四半期と通年の本決算を発表しました。第4四半期の純利益がマイナス32%だったのに、いったん下落した株価が翌日(22日)0.55%高と上昇に転じています。本日の「徐さんの中国株」はテンセントの決算を見てみます。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

テンセントの行方は

 外部環境が悪化しています。先週金曜日(22日)アジア市場の取引が終わった後に始まった欧州やアメリカ市場は揃って下落しました。引き金は22日に発表されたユーロ圏2大国――ドイツとフ…

新しい成長エンジンの石薬集団

 石薬集団(1093)の株価は先週金曜日(15日)の終値から今日で約18%上昇しました。本決算発表で増収増益でも、株価はいったん高騰した後、2,3日後に反落するのが多いのですが、同社は一本調子です。増収増益の発表に続き、同社傘下の「新諾威集団」がスピンオフして本日(22日)深圳A株の創業ボートに上場したこともまた追い風になっています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

四環医薬 実る時期まで

 上場企業の決算がピークを迎えています。決算次第で株主として泣き笑いもありますが、「果報は寝て待て」とも言われます。将来性のある会社なら我慢を強いられても必ず報われる日が来ると考えられます。取引停止の影響で長らく我慢を強いられた四環医薬の決算を見てみましょう。画像は同社決算資料から取ったものです。

 

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

スマート+始動 スマート家電で勝負 通力電子

 年に一度の全人代が15日北京で幕を下ろした。インターネット+(プラス)に続き、「スマート+(プラス)」が今年の「政府活動報告」に新たに載せられました。全人代閉幕の前日(14日)、「2019中国家電・消費電子博覧会(AWE2019)」が上海で開催されています。AWE2019で、渦中の華為(ファームウェア)技術と家電や電子部品の通力電子との協力で開発したHiLinkブルートゥースモジュールがリリースされました。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ