徐さんの中国株

オンライン診療の元年に?

 新型コロナウイルスによる肺炎についてさまざまな意味と角度で、2003年のSARSの流行と比較されます。2003年と言えば、ちょうど中国のECサイトの黎明期でもあって、SARSのお陰で、人々が外出を控えた分、ネットショッピングをせざるを得なくなり、アリババや京東など大手ECサイトの成長を成就させたと、後付けですが、そう解釈される声が多く聞こえます。
同じように、新型肺炎でも中国では外出を控えるよう、各都市や田舎でも「門番」を設けて厳しくチェックを行っています。そして病院の受け入れキャパシティーや院内感染を恐れて「行けない」または「行きたくない」人々にとってオンライン診療は「助け舟」となります。赤字でも株価が急上昇した「平安健康医療」(1833)のほか、阿里健康(0241)の株価の急騰も新型肺炎のお陰で今年は「オンライン診療の元年に」なるのでは、と期待の声も出ています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

赤字でも株価が上昇

 新型コロナウイルスによる感染拡大で「濃厚接触」や「遠隔」などが検索キーワードの上位に浮上しています。ヒトとヒトとの接触がなくてもビジネスが成り立って尚且つ人に喜ばれるお仕事があったらと誰もが思うのでしょう。オンラインゲームがその内の一つなのかもしれませんが、社会的ニーズから見て断トツ一位は遠隔診断、遠隔医療ではないかと考えられます。新型肺炎の感染拡大に伴い、市場ではこうした遠隔診療ができる会社も注目され、株価も急騰しています。1月27日のこのコラムで早速のその内の2社を取り上げました。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

テンセントは何に投資したのか

 新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中、「連休」を余儀なくされた会社や学校も10日から順次再開されました。ヒトとヒトとの近距離感染を避けるため、多くの企業や学校はオンラインオフィスまたはスカイ教室を開設して緊急事態に対応しています。海外企業の中国駐在オフィス十数社が「テンセントカンファレンス」を利用しているほか、杭州市の小中学校約100校と武漢市の小中学校90万人のうち、73万人が5Gを活用したテンセントのスカイ教室を選んで授業を再開したと報じられています。平時のみならず緊急時にも活用されるのがテンセントの強みなのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

テンセントの投資先企業 70社上場

 小米集団(シャオミ・1810)創業者の雷軍氏は、エンジェル投資家時代を含めて270社以上にも投資され、その内3社が米国や香港市場に上場していることをこのコラムでご紹介しました。しかしシャオミ以上に800社強に投資し、その内70社も上場している会社があります。騰訊科技(テンセント・0700)なのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

新型肺炎 非常事態でも強いIT業界の巨頭

 中国では国を挙げて新型コロナウイルス感染の拡大防止に取り掛かっています。終息のめどがまだ立っていない現在、実体経済への影響はどうなるんだろうかと早くも懸念する声が出ています。経済専門の「財新網」が5日発表した1月の中国サービス業購買担当者景気指数(PMI)は、前月より0.7ポイント低い51.8で、2019年11月以降で最も低い水準となったことが明らかになりました。これに先立って発表された1月の製造業PMIは、前月より0.4ポイント低い51.1だったので、1月の総合PMIは4カ月ぶり低水準の51.9となったのです。1月は春節(旧正月)という季節的要因があって低い水準でも納得はできますが、2月は新型肺炎の影響で一部の産業以外、工場の稼働は2月の9日まで延期されていますので、PMIは散々たるものだろうと簡単に推測できます。しかし、こうした中でも株価が堅調に推移している会社があります。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

噂でも動くのが株価

 新型コロナウイルスによる感染者数は増加の一途です。ついに横浜沖に停泊中のダイヤモンドプリンセス(DP)号からも感染者が出たと伝えられています。5年ほど前の2015年9月、当社視察団の特別企画としてDP号に乗って12日間のクルーズでアモイ、香港、ホーチミン、シンガポールを訪問したことがあって、そのDP号からも感染者が出たという報道に複雑な気持ちでいっぱいです。一日も早い終息を期待していますが、特効薬が出ていない現状からは長期戦も心掛ける必要が出ています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

災害時の投資対策

 新型コロナウィルスが猛威を振るっています。ヒトからヒトへの感染拡大が懸念される中、中国では春節(旧正月)の連休を2月2日まで延長するなど対応策が取られています。浙江省や安徽省など一部の省や都市では、工場の再稼働を2月の9日まで繰り下げるなどさらに休みを伸ばしています。
 日本でもマスクが売り切れるなど、接触感染が懸念され、不要不急の外出を控えるよう中国政府も専門家も一斉に呼びかけています。武漢の閉鎖(1月23日)からすでに10日間が過ぎ、10日間もの閉じこもっていては我慢も限界を迎えようとしています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

シャオミが動く

 新型コロナウイルスが猛威を振るっています。感染者も死者も2003年のSARSを超える勢いです。中国にとってまさに「国難」そのものですが、「震源地」の武漢出身者にとってこういう時こ…

これがビッグデータだ

「いままではITの時代だったが、これからはDTの時代になる」。「ITにやっと追い付いているのに、DTとは何だ」。3年ほど前、渋谷の居酒屋で、会員のKさんとこんな会話のやり取りがあり…

経営者として立派だが、株価には無頓着?

 香港市場では、株式公開後、ロックアップ(大株主が一定期間売却できないようにする規制のこと)がかけられます。6カ月や1年間が多いのですが、ロックアップが解けると、創業者でも売却したい時にはいつでも現金化することが出来ます。しかし会社が急成長する時には、創業者本人も売却損の時があります。テンセントはその後如何だったでしょうか。

*中国の春節(旧正月・1月24日~30日まで)連休に伴い、役所や企業も一斉休業に入りました。この間の「徐さんの中国株」は不定期で発信致します。引き続きご愛顧のほど宜しくお願いします。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

新しい投資計画or自分へのご褒美? テンセント経営陣

 中国の民族大移動が始まりました。旧正月(春節)休みを控えて出稼ぎ労働者やよそで働くサラリーマンなどの帰省ラッシュを迎えています。コロナウィルスが全国範囲に拡大されるのではないかと懸念される中、製薬会社の株価が一斉に上昇しています。
 年末と言えば、ボーナスですが、年の瀬が迫る中で、新しい投資計画が練られているのか、自分へのご褒美(ボーナス)なのか、テンセントの経営陣がまた・・・・・・

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

すべてをさらけ出しているシャオミ創業者

 世の中、いつもお金のそばを通る人とうまい具合にお金をギャッチする人がいます。どこがどう違うかは学術論文が議論するところで、本コラムで語れる範疇を超えてしまいます。情報とその裏付け――真実を伝えることがこのコラムの最大の役割です。これをどう生かすかは読む人のそれぞれの判断になりますが、「徐さんの中国株」は昨年8月と9月に続き、12月には6回連続小米集団(シャオミ)を取り上げています。シャオミの株価は昨年8月から先週金曜日まで約6割上昇しました。シャオミのその後の動向は?

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

IPOの中から良質の株を

 昨日(16日)は都内にて2020年初の勉強会を開催しました。大勢の方が遠方よりお越しくださいまして誠にありがとうございました。株式市場は年初からブラックスワンが頻出し、乱高下を繰り返していますが、米中の対立が第一段階の合意により市場にポジティブなシグナルが送られ、主要市場共に上昇傾向に転じています。中国株式市場は年初から新規株式公開(IPO)が相次ぎ、経済に依然活力に満ちていることが示唆されています。15,16の二日間だけで、内陸と香港市場のIPOの数は10社も超え、応募倍率が100倍を超える銘柄も続出しています。勉強会ではそのIPO銘柄も取り上げています。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

IPで勝負する閲文集団

 株価が上昇途中の閲文集団(0772)は同社公開前から大株主だった米カーライル・グループ(The Carlyle Group)の売りで14日、10%以上急落しました。同社株価は昨年8月から以降今月10日まで86%も上昇し、その内、今年に入ってから7営業日で25%も急騰したので、利確が出来てもおかしくない状況にあります。同社は今月3日、今年3月27日(火)に董事会(取締役会)を開き、2019年12月31日までの決算報告を採択し、期末配当の有無についても決定すると発表しました。同社ビジネスモデルは持続するものでしょうか。

閲文集団のキャラクターと記念写真     閲文集団受付フロント

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

リバウンドもチャンス 閲文集団

 当社視察団の訪問先は必ずテーマがあってこれを選定しています。10月の勉強会でも取り上げ、そして11月、日経NBSと共同で開催した視察団でも訪問した衆安保険はニューエコノミーの代表格として上場後大きく「化けた」後、公募価格より50%以上も下落したタイミングだったのです。18香港ドル台だった株価はその後33香港ドル台まで値を戻しています。同じ理由で11月に訪問した閲文集団も20香港ドル台後半から本日は41香港ドルまでリバウンドしています。

閲文集団投資家担当マネージャーのAde XU   閲文集団社内の風景(一部)

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

中国一儲けの高速鉄道 京滬高鉄

 北京・上海間を結ぶ高速鉄道――京滬高鉄の証券コードは601816で、証券コードからもわかるように上場地は上海(上海A)になります。1月6日にブックビルディングを開始しましたが、インターネット申込の当選確率は0.79%、応募倍率は約315倍に上ると伝えられています。中国で一位と二位の2大都市間を走る高速鉄道なので、いわゆるドル箱路線そのものです。日本では断トツトップのJR東海の営業利益率が33.2%(『図解! 業界地図2017年版』)なのですが、京滬高鉄の純利益率は

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

中国版JR東海?北京・上海間高速鉄道上場へ

 「北控都市資源」IPOの新規申し込みは本日8日となることをご紹介しました。ここ数年中国企業の株式公開はラッシュを迎えていると言っても過言ではありません。経済成長や構造転換のプロセスで真価を発揮する企業がどんどん現れることは望ましいことで、これにより玉石混交の企業を排除するシステムが出来ればなおいいことです。そうしたIPOラッシュの中で、ここ10数年調達資金で3番目に大きい銘柄の上場も間近に迫っています。北京と上海間を走る高速鉄道――1月6日にブックビルディングを開始した「京滬高鉄」(証券コード:601816)です。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

ゴミから利益を 北控都市資源集団

 「公募予定価格が0.69~0.8香港ドルで、公開は1月15日に決まった」。お正月真っ最中の2日の夕方、私の微信(WeChat・中国版SNS)に、このようなメッセージが届きました。発信者は北控水務傘下企業で、香港メインボードに上場準備中の「北控都市資源集団」CFO(最高財務責任者)の馮志偉氏からでした。昨年8月に来日し、東京で当社主催、日本の投資家との懇談会に出席した馮氏だったのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

幸先良いスタート 希望の持てる2020年

 ニューヨーク株式市場の2020年最初の取引となった2日、ダウ平均は終値で史上最高値を3営業日ぶりに更新し、2万8868.80ドルで取引を終えました。時差で先に取引を終えた2日の中国A株3大指数(上海総合指数、深圳総合指数、深圳創業板指数)は共に1%を超える上昇幅で、深圳の両指数は2019年の最高値を更新しました。香港市場のハンセン指数は前日比353.77ポイント、上昇率では1.25%高の28543.52ポイントで2020年の明るいスタートを切ったのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

謹賀新年

       あけましておめでとうございます。        皆々様のご多幸をお祈り申し上げます。        本年もどうぞ宜しくお願い致します。                …