貿易戦の中、安値銘柄を物色

日本では株主総会のシーズンです。職場の近くに大きな会場があってこの一週間毎日のように立て看板をもって会場までの案内をしている人が見かけられます。そして会場案内のプラカードには「お土産をご用意していない」と必ず書いてあるのを見て

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

気を揉む株も

医薬品関連の中で、医療機器も重要なセクターの一つです。同じくH株の中には、先健科技(1302)、微創医療(0853)、愛康医療(1789)もあれば、A株には、大博医療(002901)や凱利泰(300326)など人工関節(骨)専門の会社もあります。PERが40倍も50倍もある中、投資家として気を揉む銘柄があります。山東威高(1066)です。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ