お金で解決できることは・・・アリババ

 アリババグループに対する所管官庁の巨額罰金を日本のメディアでも大きく取り上げています。一般読者では、野次馬程度でいいのですが、投資家としては当然、なぜアリババだけが対象にされたのか、独禁法違反なら他社はどうなのか、株価に対する処分の影響と処分後の同社の行方は?などなど疑問に思うことはまだ山ほどあると考えられます。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

テスラに挑む「NEV三銃士」 ファンドも注目

 「NEV三銃士」と言われる米上場の北京の「理想汽車(LI.US)」、上海の「蔚来汽車(NIO.US)」と広州の「小鵬汽車(XPEV.US)」が今月初め、今年第1四半期の納車(販売)台数を発表しました。その内、「理想」は334.4%増の1万2579台、「蔚来」は423%増の2万60台、「小鵬」が487%増の1万3340台をそれぞれ記録しています。この発表で1日米市場の「蔚来」と「小鵬」の株価が6%以上、「理想」は2%超上昇しましたが、昨年11月と今年2月の高値からは40%~60%の下落だったのです。

続きは会員登録(有料)してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ