徐さんの中国株

「高い株ほど良くあがる」ーー石薬集団

中国医薬品株の中で、「医薬御三家」と言われる株があります。中国生物製薬(1177)、四環医薬(0460)と石薬集団(1093)の「御三家」です。四環医薬について今週土曜日(29日)、東京新宿の当社オフィスで、オンラインで四環医薬の投資家担当マネージャーと繋げて同社最新の決算と今後の見通しについて説明をしてもらいます。関心のある方はどうぞご参加ください。
「御三家」についていずれも有望株とされていますが、ここに来て株価には開きが出るようになりました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

好業績に雄安概念ーー新天緑色能源

「雄安新区」計画が発表された後、株式市場では40数銘柄も物色の対象となりました。H株では、インフラの「北京金隅」(2009)や水処理の「北控水務」(0371)、「天津創業環保」(1065)などのほか、クリーンエネルギー銘柄として河北省内で風力発電や天然ガスの小売りを手掛ける「新天緑色能源」(0956)も買われて株価が急騰しました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

雄安新区 猛ダッシュはマラソンに向かない

「雄安新区」の新設が発表されてからちょうど20日間経ちました。昨日(20日)香港ハンセン株価指数が反転する中、A株の雄安新区概念株はストップ安が6銘柄、下落幅5%超の銘柄が40近くとほぼ全面安の展開となりました。「100メートル走のスピードでマラソンを走ってはいけない」と、このコラムで触れたことがありますが、雄安新区概念で何を狙えばいいのでしょうか。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

IGGの伸びしろはこれだ

IGGのホームページを開いたら全文英語で、一番下までスクロールしてInvestor Relations(投資者関係)という5文字が漢字としてやっと出て参ります。一瞬URLを間違えたのかと目を疑うものでしたが、シンガポールに本社を登記し、世界に向けて仕事をしていますので横文字で発信するのも無理はないものと納得したものです。ちなみにですが、同社本決算も米ドル表記です。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

モバゲのIGG 急騰したが

「個別銘柄」コーナーでモバイルゲームの「IGG」(0799)を取り上げたところ、アクセスが一時集中しました。何せ、2月に同社を訪問して「中国企業情報」の購読者に紹介してから2か月未満で、株価が5HKD台後半から10.8HKDまで倍近く急騰したのです。 

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

配当も醍醐味の一つ――高配当企業はほかにも

配当利回りが高い「高配当」も中国株投資の魅力の一つ。通常配当のほか、子会社やその他資産売却で、特別配当を奮発する企業も珍しくありません。前回触れた「神華能源」のほか、2015年9月に当時の「華潤創業」(現在の「華潤ビール・0291」)が一株当たり12.3HKD、2016年4月には、「神州控股」(0861)が同3.2HKDの特別配当を実施しました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

18%配当の神華能源 今買うべきか

3月21日付当社「京華メルマガ」で「まだ間に合う 神華能源配当利回り18.17%」と配信しました。

権利落ちは6月なので、先週(6日)の勉強会でも「神華能源」(1088)はいま買うべきかどうかが話題となりました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

「雄安概念がなくても」――北京金隅

雄安新区新設する計画がエイプリルフールの4月1日に発表されましたが、「また一つ新区が増えたのか」と思う人がいても、これを嘘だと思う人は皆無ではないかと思えます。CNNやBBCにあっても新華社通信が「嘘」の配信でもしたら、エイプリルフール文化が浸透されていない中国で今後これを信用する人がいなくなるからです。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

インフラからスタート 第一号に北京金隅

昨日、都内青山通りに近いレストラン、フレンチのレ・クリスタリーヌで恒例の中国勉強会を開催しました。遠方よりも多くの方々にお越し頂きこの場を借りてお礼申し上げます。下見と試食を含めて姉妹店と併せて数回同レストランを訪ねましたが、昨日給仕長の山田様に「邱先生にはお世話になっています」と初めて言われて私の方がエッと驚きました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

雄安新区は今年の最大のテーマに

清明節のお休みを経て中国内陸と香港のマーケットは再開されました。お休み中にも関わらず、経済紙や専門サイトは「雄安新区」一色です。それもそのはず、国営の新華社通信は「雄安新区」の設立を「千年の計」と位置付けているとしたら、投資家はこれを「千歳一隅」のチャンスと捉えても何ら不思議ではありません。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

遷都に伴うチャンスは

有料化した「徐さんの中国株」第一回目で、「徐さんの中国株 ご利用について」を書くつもりでしたが、それよりずっと重大なニュースが週末に飛び込んできました。そして内陸市場が連休(3~4日清明節)を迎える発表のタイミングも熟慮の結果だと思われますので今日はこれを取り上げることにしました。

続きは会員登録してからお読みになられます。

入会案内を見るログインページへ

価値ある情報にご期待を

「徐さんの中国株」は公開コラムとして、今日で最終回となります。2012年に故邱永漢先生の事務所から独立して始めた中国経済や中国株に関するブログですが、最初は月曜日から金曜日まで毎日更新していました。2015年から、「中国企業情報」を発信するため、月水金の週3回発信に変更し、今年の2月6日で、発信1000回目を迎えたのです。

中国資本が動く

中国企業視察の旅に出かけている間、瀋陽に本社のある「輝山乳業」(6863)の株価が最大90%以上暴落したニュースが飛び込んできました。粉飾決算や役員による会社資金の流用、ネガティブ...

2ヶ月で倍になった株

香港市場は外資主導のマーケットであることをこれまで何度か触れています。 どういう事かと言いますと、投資の主体は主として欧米の機関投資家と香港現地の機関投資家だからです。香港証券取引...

私有化に様々な理由が

山東羅欣(8058)は14日「私有化」する案を発表して、今月7日から取引停止していた同社株式が取引再開されました。私有化案は同社大株主と関係者がH株の流通株を17香港ドルで全数買い...